コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

中井氏、警護官と別行動なら問題=週刊誌報道で自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は25日の記者会見で、中井洽国家公安委員長が知人女性に衆院議員宿舎のカードキーを貸与したなどとする週刊誌報道について、「警護官を途中で帰して街に出てプライベートな活動を何度もしているということだ。もしそうなら、防災担当大臣という立場もあるので、危機管理上、非常に問題があるのではないか」と指摘した。 

阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも-消費者庁(時事通信)
韓国に不正送金で女4人逮捕=「現金運び役」初の摘発-埼玉県警(時事通信)
上野駅で線路に会社員突き落とす 殺人未遂容疑で男逮捕(産経新聞)
伊勢湾フェリー 9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)

 岡田克也外相は23日の記者会見で、東郷和彦元外務省条約局長が国会で「密約」重要文書の一部が破棄された可能性を指摘した問題について、外相と副外相、外部識者でつくる第三者委員会を新たに設置して調査に当たる考えを示した。

 東郷氏は日米密約文書を「赤いファイル」に整理して、後任だった谷内(やち)正太郎前事務次官に引き継いだと証言。このうち一部が昨年の外務省調査では発見されず、ファイルの保管状況などが問題化している。第三者委員会が当時の関係者から聞き取り調査する方針。【野口武則】

【関連ニュース】
非核三原則:鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請
日米密約:リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
村田元外務次官死去:日米密約調査を後押し
訃報:村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言

【風】「エリート公立校」誕生へ(産経新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)
小林氏陣営に提供1600万、北教組口座から(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)

 JR山手線の目白駅付近(東京都豊島区)で23日夜に起きた停電トラブルは、情報通信用ケーブルを屋外に設置した際、誤って屋内用の留め具を使ったため、留め具が紫外線で劣化して破損し、ケーブルが線路上に垂れ下がったことが原因だったことが24日、JR東日本の調査でわかった。

 JR東の説明によると、このケーブルは全長約160メートルで、昨年1月に設置工事が行われ、目白駅の駅舎の屋外の手すりなどに沿って1・8メートル間隔で留め具で固定されていた。本来なら屋外部分は、紫外線に強い留め具を使わなければならないが、このケーブルではすべての留め具が屋内用になっていた。このため、線路上部の留め具が太陽光で劣化、その部分のケーブルが線路上に垂れ下がり、埼京線上り線の架線と接触して同線が停電した。その直後に目白駅を通過しようとした同線下り線の武蔵浦和行き電車が垂れたケーブルに接触し、ケーブルが切断されたとみられるという。

 ケーブルは計約50メートル分が脱落し、電車の衝突などで五つに切断されていた。ケーブルはJR東の発注を受け、昨年1月に「日本電設工業」(東京都)が設置した。同社が留め具を取り違えた理由について同社とJR東は「単純ミス」としており、今後詳しく経緯を調査するという。

 ケーブルはインターネットに接続できるサービス「WiMAX(ワイマックス)」のためのもの。ワイマックスは目白駅のほかに主に首都圏の110駅に導入されており、うち8駅は目白駅と同様、屋外の線路上にケーブルが設置されているという。JR東は24日、同種ケーブルが設置されている駅の点検を行った。

 また23日夜に電車の運行を見合わせた際、池袋駅で「線路に支障物が投げ込まれた」などとの誤ったアナウンスを行ったことについて、JR東は「当時は情報が錯綜(さくそう)していた」と釈明。同社はこの日、トラブルの概要について国土交通省関東運輸局に説明した。

今月下旬の沖縄訪問検討=普天間移設で知事と会談も-防衛相(時事通信)
生方氏解任、党にダメージ=「議論の場つくる」と強調-民主・細野氏(時事通信)
インフル患者、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

震災貸付金264億円焦げ付き 兵庫県が試算(産経新聞)

 平成7年の阪神大震災後、兵庫県内で貸し付けられた災害援護資金と生活福祉資金(特例枠)のうち、20年度末の時点で計約264億円が回収困難となっていることが18日、県の包括外部監査報告でわかった。県は最大37億円の負担を被る可能性があり、監査人は「県民への適切な情報開示のもと処理を進める必要がある」と指摘している。

 災害援護資金は住宅が全半壊するなどした被災者に最高350万円を貸し付ける制度。原資は国や県、政令市が負担し、貸出窓口となる市町は期限内に回収して国・県に返済する。震災では県内約5万6千世帯に約1308億円が貸し出されたが、2割近い224億円が滞納。時効(10年)が最も早いもので今年9月に迫っていることから、各市町が滞納者を相手取って返還を求める民事訴訟を起こし始めている。

 監査では、滞納のうち約8割が支払い猶予中で、残りも借受人が行方不明だったり、保証人とともに破産中などのため徴収が不可能か困難なものであることをあげて「ほとんどが不良債権化している」と分析。県費分について補助金や交付税措置がなければ、県が約27億円を負担することになる可能性を指摘した。

 また、低所得者に生活資金として10万~150万円を貸す「生活福祉資金」(震災特例)では、延べ5万9千件、計約103億円を貸し付けたが、42%の約44億円が未返済だった。

【関連記事】
阪神大震災援護金、借り得許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ 大阪市
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上
阪神大震災15年 助成に財源の壁 共済制度で住宅再建
阪神大震災 母を亡くした白石さん「新しい神戸を創る」
阪神大震災 遺族代表「もう一度会いたい」
20年後、日本はありますか?

政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)
<訃報>益田勝実さん86歳=国文学者、元法政大教授(毎日新聞)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)
<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
<文化財保護法違反>死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

子ども手当と高校無償化 居住地重視で問題広がる(産経新聞)

 16日に衆院を通過した子ども手当法案と高校授業料無償化法案は、国会審議での議論が深まらず、問題点が置き去りにされている。民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた目玉政策であるため、実績作りを焦る政府・民主党が成立を急ぐあまり、おざなりの議論で済ませがちだからだ。両法案は、国籍よりも住居地で支給対象を区別するなど、「国家」という概念に対する鳩山政権の本質的な問題点も浮き彫りにしており、参院ではさらに徹底した議論が必要だ。

 ■王族の子供にも

 「日本で知的労働に就いているアラブの王様あたりが、『向こう(母国)に子供が50人いる』となると、50人が(子ども手当支給の)対象となるんですね」

 5日の衆院厚生労働委員会。自民党の田村憲久氏がこう詰め寄ると、長妻昭厚労相は否定しなかった。

 同法案によれば、おおむね1年以上在留する外国人の親が、外国人登録をしていれば原則的に手当が支給される。母国に子供を残す外国人も多額の子ども手当を受け取れる。

 「外国に子供がこれだけいますよといわれても、調べようがない」

 自民党の谷垣禎一総裁が強調するように、母国に本当に養育する子供がいるか確認するのも困難だ。支給事務を担当する自治体側には「たとえ外国語の証明書に翻訳が付いていたとしても、正しいかどうか分からない」との懸念が広がる。書類を偽造する犯罪集団が出てくる可能性もある。

 満額で月2万6千円の支給額も「選挙対策で金額ありきで設定された」(民主党ベテラン議員)ため、平成23年度以降に必要な年5・3兆円の安定財源も見つかっていない。

 一方、日本人の親が仕事で海外にいて、子供が日本国内の学校に通う場合は手当は支給されない。

 これらの問題点について、政府側は「23年度以降の手当の全額支給に合わせて検討する」として、議論を先送りする方針だ。

 ■朝鮮学校先送り

 高校授業料無償化法案には施行3年後の見直しなどの付則がつけられたが、それは法案が制度設計も審議も不十分で生煮えだったことの裏返しだ。自公政権が19年に教育3法を改正した際には、中央教育審議会で約30時間もの審議を積み重ねたが、今回は中教審も経ていない。

 民主党のマニフェストは無償化の意義について「家庭の状況にかかわらず、すべての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくる」と記す。だがすでに授業料が免除されている約20万の低所得世帯は、特定扶養控除が縮減される分、家計負担が増えるという矛盾もある。

 また、就学支援金の支給対象が「日本国内に住所を有する者」となっており、在住外国人にも支給する点は世界的にも異例。その一方で、外国の在外教育施設に通う日本人高校生に支援はなく本末転倒といえる。

 「国民」「国籍」という概念が軽んじられており、ある文科省職員は「(民主党が野党時代に国会提出した)日本国教育基本法案は『何人(なんびと)』にも学ぶ権利を保障するよう求めていると、政務三役から再三、指導された」と打ち明ける。

 金日成、金正日父子への個人崇拝教育を行う朝鮮学校への支給の是非は第三者機関で客観的基準を作る方針が打ち出され、最終的な結論は先送りとなった。

 「出すにしろ出さないにしろ批判が起こる。支持率が数ポイント下がりかねず、参院選が終わるまで結論は出ないのではないか」

 政府関係者からは、こんな見方も飛び出している。(桑原雄尚、小田博士)

【関連記事】
子ども手当、高校無償化 関係者からさまざまな声
子ども手当、高校無償化両法案が衆院通過 月内に成立へ
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ
子ども手当 財政規模を考え現実的に
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
20年後、日本はありますか?

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
<生体肝移植>切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発(毎日新聞)
海や山は大荒れ、警戒を=連休は低気圧接近-気象庁(時事通信)
<ニュース1週間>パラリンピック、スキー新田が金メダル/クロマグロ禁輸案を委員会否決(毎日新聞)
消費者目線でクッキング 「料理サロン」主宰、岩下美帆さん(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

パフォーマンス警戒?姿見せず元船長を移送(読売新聞)

 反捕鯨団体シー・シェパードの元船長で、ニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)が12日、海上保安庁に逮捕されたが、晴海ふ頭で第2昭南丸から海保の巡視艇に身柄を移されたベスーン容疑者は、午後0時8分頃、取り調べを受けることになる東京・江東区の東京海上保安部に近い桟橋に到着した。

 ベスーン容疑者が何らかのパフォーマンスをする可能性もあるためか、海保側は桟橋わきにぴったりと寄せたワゴン車との間を青いシートで覆い、姿を全く見せない警戒ぶり。

 ベスーン容疑者が乗り込んだワゴン車の後部座席もカーテンが閉められ、外からその様子をうかがうことはできない状態だった。車は前後を警視庁の車両に囲まれ、200メートルほど移動して東京海上保安部内に入った。

島ぐるみ闘争に発展も、稲嶺市長が陸上案批判(読売新聞)
50歳女性、自宅で刺され死亡…夫と連絡取れず(読売新聞)
GM、ビンギョル氏がコミュニケーション担当副社長に就任(レスポンス)
ストリートビュー、東北・北関東など21県に対象拡大(産経新聞)
未成年女子の飲酒率増加を懸念―アルコールシンポ(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

座礁 フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)

 三重県御浜町沖の熊野灘で09年11月に座礁し、解体作業中だったフェリー「ありあけ」(7910トン)が9日、船体後部を残して崩落、水没した。船体切断で強度が低下していたところへ荒波が襲ったためとみられ、4月中に完了見込みだった4分割による解体撤去作業がずれ込む可能性が出てきた。船体からは角材など多数のごみが流出。地元漁協は10日、定置網漁を中止した。

【フェリー座礁時のニュース】三重県沖で急傾斜、座礁 28人全員救助(09年11月)

 撤去業者の深田サルベージ建設(大阪市)によると、崩落は9日午後2時ごろ始まり、船首部や船体前部、船尾部などが次々と水没。ごみは現場南の海岸に漂着し、フェリーを所有するマルエーフェリー(鹿児島県)などが回収に追われた。

 深田サルベージ建設から経過説明を受けた紀南漁協(三重県紀宝町)の佐田美知夫組合長は「重油流出はなく、定置網漁は11日に再開する」としながらも「解体業者は太平洋の荒波を甘くみたのではないか」と指摘した。同社は「予想外の事態。今後の作業は潜水調査をして決める」と話した。

 解体は1月15日開始。崩落当時、低気圧の接近に伴い波浪警報が出され、現場海域は5メートルを超える高波となっていた。【汐崎信之、写真も】

【関連ニュース】
【荒天で作業を延期していた】熊野灘のフェリー座礁:「ありあけ」撤去、荒天で10日前後からに
熊野灘のフェリー座礁:船体のつり上げ「3月6日ごろ」 
フェリー座礁:漁自粛の紀南漁協 24日にも再開へ(10年1月)
三重・熊野灘のフェリー座礁:「現場で4分割」 撤去方法を合意

「密約」参考人質疑での守秘義務解除を検討(読売新聞)
<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)
「近視治る」と100円ショップのビタミン剤売り逮捕(スポーツ報知)
仕分け対象候補の50法人 行政刷新担当相が公表(産経新聞)
「仕分け」候補の公益法人、常勤役員7割が天下り(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

優勝メダル盗難か 秩父宮スポーツ博物館(産経新聞)

 秩父宮記念スポーツ博物館(東京都新宿区)は15日、展示していた1896年のアテネ五輪の優勝メダルが盗まれた可能性があるとして、警視庁四谷署に盗難届を出した。

 同博物館によると、メダルはドイツのヘルマン・ヴィンゲルトナー選手が体操競技の鉄棒種目で優勝し、獲得したもので、日本人で初めて「体操・個人総合」で優勝した遠藤幸雄選手を通じて寄贈された。

 優勝メダルは館内のガラスケースの中に他のメダルなどと一緒に展示されていたが、14日午前11時半ごろに見回り点検したところ、優勝メダルだけがなくなっていたという。この日は午前9時半に開館していた。

 ガラスケースは施錠していたが、吸盤などを使えば上部のガラスが持ち上がる構造だった。防犯カメラは設置していなかった。

【関連記事】
捜査車両にバックで突撃 4人乗り盗難車で逃走の中3逮捕 
車内から現金310万円など盗難 名古屋のコインパーキング
両替用の400万円盗難 愛知・刈谷のパチンコ店
5日間で3度目…連続キャベツ盗難 茨城・境
鳥取で橋の銘板の盗難相次ぐ 転売目的か

盲導犬候補の子犬世話、不登校克服の生徒も(読売新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕-警視庁(時事通信)
降雪で転倒、26人負傷=9人が骨折か-東京(時事通信)
「地域ごと連休」反発相次ぐ…教育界・労組(読売新聞)
<堀江被告>三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

政府の休日分散化案 全国5地区で順番に取得(産経新聞)

 政府は3日開いた観光立国推進本部(本部長・前原誠司国土交通相)の分科会で、休日の「分散化案」を提示した。

 全国を北海道、東北、北関東▽南関東▽中部と北陸信越▽近畿▽中国と四国、九州、沖縄-の5地区に分割。ゴールデンウイークは憲法記念日、みどりの日、こどもの日をそれぞれ記念日として残したまま、南の地区から順番に土日を合わせて5連休とする。

 一方、秋の大型連休では、海の日、敬老の日、体育の日を残し、その3日分の休日を土日と合わせ北の地区から5連休をとるという内容だ。春と秋の大型連休の時期をずらすことで、観光地の混雑緩和や雇用創出を図る。

 祝日法改正も視野に政府は早ければ平成23年度からの実施を目指す考えだが、産業界には「中小企業は有給休暇を取りにくい。製造業も受注状況によって休みを取りにくい」など戸惑いの声もあり、実現には時間がかかりそうだ。

「普天間先延ばしなら、6月に議員辞職」下地氏(読売新聞)
円楽襲名パーティーに小沢幹事長が出席(産経新聞)
C61運行再開へ準備=さいたま市の車両センターで(時事通信)
鳩山首相、自身の指導力を自賛?!「かなりハーモニーがとれてきている」(産経新聞)
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

クロマグロ禁輸拒否を強調=農水副大臣(時事通信)

 山田正彦農林水産副大臣は4日の記者会見で、大西洋・地中海産クロマグロ(本マグロ)の国際商業取引禁止案を米政府が引き続き支持する方針を表明したことについて、「(反対の)日本にとって(情勢が)厳しくなってきた」と述べた。その上で、禁輸案が13~25日のワシントン条約締約国会議で採択された場合、「留保せざるを得ないだろう」とし、日本として禁止義務の受け入れを拒否する方針を改めて示した。
 禁輸案が可決されても、採択後90日以内に条約事務局に「留保」を通告すれば、日本の漁船がクロマグロを獲って日本へ持ち帰ることはできる。他の留保国からの輸入も可能となる。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
クロマグロ取引禁止、支持を継続=米、ドーハ会議向け方針
クロマグロ取引、来年から禁止を=EU加盟国に欧州委再提案

普天間5月決着「覚悟を持って」と首相(読売新聞)
松原市 家庭ごみ“ヤミ処分” 堺の無許可業者で1万トン(産経新聞)
<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)
日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)
福島氏、普天間の国内移設認めぬ=阿部氏反論、社民また混乱(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

偽札使用容疑で男2人逮捕=東北各地の事件で初-青森県警(時事通信)

 東北地方で偽一万円札が相次いで見つかった事件で、青森県警捜査2課などは8日、偽札を使用したとして、偽造通貨行使の疑いで埼玉県八潮市八條、無職村上太一(29)と、同県草加市松原、自称会社員清水慶一(29)両容疑者を逮捕したと発表した。
 一連の事件では、青森県で偽一万円札が十数枚使用されるなど、岩手、宮城、福島各県を合わせた4県で計50枚以上が見つかっている。逮捕者が明らかになったのは初めてで、同課は入手ルートなどを調べている。 

【関連ニュース】
偽一万円札46枚見つかる=コピー機使用か
偽一万円札使用、同一グループか=記番号一致、被害50枚超に
東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走
一万円札偽造容疑で2人再逮捕=飲食店利用か
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚

TBS株買い取り価格は1株1294円 東京地裁(産経新聞)
盗難トラック、スーパーに突っ込む…ATM狙う?(読売新聞)
傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行-兵庫県警(時事通信)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
田母神氏に出席見合わせ要請=統幕学校卒業式で防衛省(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分(産経新聞)

 法政大学中学高校(東京都三鷹市)の男性教諭2人が高校2年生の修学旅行中、男子生徒に悪質な体罰をして負傷させた問題で、学校法人法政大学は27日、この教諭2人を懲戒解雇処分にしたと発表した。

 処分は26日付。監督責任を問い、同校の牛田守彦校長と副校長を減給1カ月、法人の増田壽男総長と学務担当常務理事、付属校担当理事の計3人を減給3カ月の処分とした。

 法人側は問題を受け、教員や有識者による「教育刷新会議」を設置、生徒指導や学校運営について見直しを進めているといい、「今後このようなことがないよう、再発防止に努め、学校の信頼回復に全学を挙げて取り組んでまいります」としている。

<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)
<変死体>70歳「妻を殺した」車内に遺体 千葉(毎日新聞)
スズキ、「エブリイ」など43万台リコール=日産の7万台、ダイハツの6万台も(時事通信)
<新幹線>500系「のぞみ」最終列車が東京駅着 鈴なりのファン見守る(毎日新聞)
「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

宮崎3遺体 奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)

 宮崎市内の民家などで家族3人の遺体が見つかった事件で、生後6カ月の長男雄登ちゃんの死体遺棄容疑で逮捕された同市花ケ島町、建設会社員、奥本章寛(あきひろ)容疑者(22)が「3人を殺した」と殺害を認める供述を始めたことが、捜査関係者への取材で分かった。雄登ちゃんの遺体に目立った外傷はなく、窒息死とみられ、遺体を司法解剖して詳しく調べる。

【関連記事】男逮捕:6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎

 また、雄登ちゃんの遺体を埋めた動機については「都合が悪かったから」などと供述しているという。

 奥本容疑者は、自宅から約800メートル離れた同市村角町にある自身が勤務する建設会社の資材置き場の土中に1日、雄登ちゃんの遺体を埋めたとして、2日逮捕された。また、自宅からは妻くみ子さん(24)と、くみ子さんの母、池上貴子さん(50)が、別々の部屋で頭から血を流して死んでいるのが見つかっている。県警は凶器とみられる血の付着した金づちを押収しており、裏付け捜査を進めている。県警は午後にも奥本容疑者を死体遺棄容疑で宮崎地検に送検する。【小原擁、川上珠実】

【関連ニュース】
小1男児殺害:母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/上(その1) 新証拠で「最後の勝負」
迫る時効:警察庁長官狙撃事件/上(その2止) 「火薬成分」断定難しく
インスリン事件:24歳看護師逮捕 京大病院の担当者
引きずり殺害:被告が殺意否認 大阪地裁初公判

<若田宇宙飛行士>ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
「アトピーに効く」エタノール混ぜ販売容疑(読売新聞)
税優遇のNPO法人を拡大=仙谷氏(時事通信)
<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)
ゴルフボールの特許権侵害、17億円賠償命令(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

寺院境内に男性遺体=二所ノ関部屋マネジャーか-大阪(時事通信)

 26日午前10時5分ごろ、大阪府茨木市別院町の東本願寺茨木別院で、「男性が首をつっている」と保育所のバス運転手から110番があった。男性は二所ノ関部屋マネジャー猪口嘉幸さん(51)とみられ、府警茨木署が自殺とみて確認を急いでいる。
 同署によると、猪口さんは寺院境内のプレハブ小屋内で、梁(はり)に首をつった状態で発見された。
 同部屋の関係者によると、猪口さんは大相撲春場所を控えて大阪を訪問。6日前からプレハブ内で練習用の土俵を作っていたという。 

船形山の遭難グループ「3人とも元気」 宮城県警、200人態勢で捜索再開(産経新聞)
殺人時効の廃止答申、改正法案を今国会提出へ(読売新聞)
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
池袋駅東口のみ上昇=全体は下落基調-四半期地価調査(時事通信)
17年で322億円の赤字解消=再生計画で最終案-北海道夕張市(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

特別交付税、算定・配分方法など見直しへ(読売新聞)

 原口総務相は1日の衆院総務委員会で、地方自治体に災害復旧など特別な財政需要がある場合に配分している「特別交付税」について、算定や配分方法などを見直す考えを明らかにした。

 総務省令で定める算定項目が200を超すなど制度が複雑で、「恣意(しい)的な運用や、有力国会議員の地元自治体への手厚い配分につながっているのではないか」との指摘があるためだ。

 特別交付税は、地方交付税の一種で、毎年、12月と3月の2回に分けて配分している。予算額は地方交付税総額の6%に相当する額で、2010年度は1兆138億円。自治体が算定項目を踏まえて要求額を決め、総務省が要求額の全体が予算額の範囲内に収まるよう調整している。ただ、算定項目には「その他特別の事情」というものもあり、透明性確保が課題となっていた。

元入管職員、収賄認める(産経新聞)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
強盗に「包丁置きなさい」 コンビニ店員一喝 吹田、容疑の女逮捕(産経新聞)
鉄塔倒壊事故 関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アグネス・チャンさん ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)

 ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使としてソマリアを視察したアグネス・チャンさん(54)が25日、東京都内で帰国報告会を開き、「(内戦の影響などで)ソマリアでは5歳未満の児童の5人に1人が死亡するといわれる。どうしたら、一人でも多くの子供が生きていけるのか考えさせられた」と語った。

 視察したのは、ソマリランド自治政府が実効支配する北西部の都市ハルゲイサ。ソマリアにはソマリランドのほか東部に「プントランド」と呼ばれる自治政府が存在するが、どちらも国際的に認められていない。アグネスさんは「ソマリランドの政府は軍事に予算の多くを割き、国際社会にも承認されておらず、援助が届きにくくなっている」と実情を説明した。

 ソマリア北西部では現在、戦闘はないが、激戦地の南部から逃れてきた人たちが難民キャンプで暮らす。アグネスさんは、首都モガディシオから避難してきた女性の体験談を披露。女性は市民が首を切られて殺されるのを目撃し、「もう、誰が誰と戦っているかも分からない状態だ」と語ったという。【曽田拓】

【関連ニュース】
児童ポルノ:ワーキングチーム初会合
アグネスさん:ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使
ユニセフ大使:アグネス・チャンさん、ソマリアを視察
児童ポルノ:根絶を目指すワーキングチーム初会合
ソマリア:日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさん、難民と交流

自公支援の中村氏、民主系候補を破る(読売新聞)
自民、審議拒否の方針を確認 午後の本会議も欠席(産経新聞)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)
乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
地域医療支援病院は全国で267施設-厚労省(医療介護CBニュース)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。