コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<裁判員裁判>初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉(毎日新聞)

 危険運転致死罪に問われた被告を審理する全国初の裁判員裁判で千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、飲酒運転で女性2人をはね死亡させた千葉県館山市笠名、造園業、高橋浩二被告(45)に対し、懲役14年(求刑・懲役15年)の実刑判決を言い渡した。

 弁護側は、より量刑の軽い自動車運転過失致死罪と道交法違反(酒気帯び運転)罪の適用を求めたが、判決は「被害者に気付かなかったのは、大量に飲んだアルコールの影響で視野が狭くなったため」と退けた。さらに、飲酒運転による悲惨な事故が後を絶たないとして、過去の同種の事故の量刑相場などに触れ「量刑幅を重くすべきだ。2人が死亡した事故は懲役10~15年が相当」と言及した。

 判決によると、高橋被告は8月11日午後7時20分ごろ、焼酎926ミリリットルを飲んだ酩酊(めいてい)状態で軽トラックを運転。館山市長須賀の国道を横断していた近くに住む無職の女性(当時95歳)ら2人をはね、死亡させた。

 99年に東名高速で飲酒運転のトラックに追突されて娘2人を失い、危険運転致死罪成立に向けて運動してきた井上保孝さん、郁美さん夫妻は「市民が参加する裁判員裁判だからこそ同罪の成立は認められると思っていた。時代は変わったと実感した」と話した。【中川聡子】

【関連ニュース】
裁判員裁判:危険運転致死被告、懲役15年を求刑 /千葉
裁判員裁判:強盗傷害の3被告に懲役9~10年求刑 /神奈川
本宮の追突死亡事故:運転手に禁固4年の判決 過酷勤務も指摘 /福島
交通事故:登校児童の列に車、被告に有罪判決 /徳島
ショベルカー事故:横転、元えびの市議死亡--競売入札妨害で有罪 /宮崎

【中医協】医療機器5件の保険適用を了承(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>「横手やきそば道場」開講 鉄板名人目指し15人受講 合格者には「麺許状」交付(毎日新聞)
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設(医療介護CBニュース)
【土・日曜日に書く】論説委員・清湖口敏 白川静に学ぶ「人間学」(産経新聞)
<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。